8月 22

遺言書作成をおこなう

生活のスタイルが多様化された現代において、遺言書を作成する人も急増していることがあげられます。遺言書作成にあたって、はじめての経験であった場合には戸惑う場合もあるでしょう。

そのような場合においては弁護士や司法書士などの法律家に相談し作成のサポートを依頼することもできますし、ハードルが高いようであれば専門の機関に相談することもできます。また、自分でキットを購入して、相談することも可能になっています。非常に手軽に作成が可能ではありますが、その場合においては無効に気をつけて作成することがポイントです。

遺言書作成は自筆証書遺言がおすすめです

遺言書には何通りかの書き方があります。その中でおすすめなのが、自筆証書遺言での遺言書作成です。この方法は、遺言者が、氏名、日付、遺言書の全文を書き、押印をして作成する遺言書で、筆記具と用紙さえあればすぐにでも作成することが出来るので、他の方法と比べると費用も労力もかからないので、簡単に作成することが出来ます。

自分だけで作成しますので、他人に遺言書の内容を秘密にしておきたい人におすすめです。しかしながら専門家にチェックをしてもらうわけではないので、法的要件不備の為に無効となってしまうケースもありますので注意が必要です。

遺言書作成はすぐに出来ます

遺言書作成方法は3つあります。その中で一番簡単な方法が自筆証書遺言です。遺言の全文、日付、氏名、押印をすべて遺言者本人が行う方法で、筆記具と用紙さえあればすぐにでも作成をすることが出来ます。この方法で遺言書作成をすれば、他の人に遺言書を秘密にしておくことが出来ます。

しかし、自筆証書遺言は専門家にチェックをしてもらうわけではないので、法的要件不備の為に無効となってしまうケースも多いので注意が必要です。そして亡くなった後に、家族の人にしっかりと見つけてもらう必要もありますので、隠す場所にも注意が必要です。

遺言書作成は自分でもできるの?

遺言書作成を専門家にお願いするにも、費用がかかります。弁護士に依頼する場合にはすべて合わせて20万円ほどかかることもあるようです。そうだったら自分で作成してしまおうという人も多いのではないでしょうか?自筆遺言書といって自分で作成する手もあります。

ただしこちらはルールが思っているよりもしっかり決まっているためそれらをすべてクリアしておく必要があります。実はそれが難しかったりするのです。折角作成しても無効になってしまっては意味がありません。作成する前にきちんと確認するのは勿論のこと、作成した後も漏れがないかどうかしっかり確認するようにしてください。

遺言書作成を依頼したら完成までの時間

遺言書作成をお願いしたらどれくらいですべて完成させてくれるのでしょうか?まずは様々なことについて面談をする必要があります。①家族構成(相関図を作成するため)②現状持っている財産(財産目録を作成するため)③誰にどういった形で相続してほしいのかなどといったことを聞きかれます。

特に①②については遺言書を作成する上で絶対に必要になってくる項目ですので、正確なものを持っていくようにしてください。全部で3回ほど面談をすることになります。依頼から出来上がりまでは大体1か月程度をみておくといいでしょう。(一番スムーズにいけば)

8月 22

遺産分割協議書を作成しておきましょう

遺産分割協議は、どの遺産を誰が相続をしていくのかを話し合いをしながら決めていく協議です。この協議では相続人が全員参加して、全員が合意しないと効果を発揮させる事はできません。基本的に遺産は指定分割か法廷分割によって、遺産分割をしていきますが、相続人全員が合意をすれば、相続人で自由に遺産分割を行う事ができます。

相続人全員の合意を得られれば問題はありませんが、一人でも合意を得られない場合は、家庭裁判所で遺産分割を行うことになります。協議で全員が押印をして同意した場合は、遺産分割協議書を作成し、法的に効力を持たせる必要があります。

遺産分割協議書は必ず作成しましょう

遺産分割協議を行い、相続財産を分割する方法もあります。この協議は相続人全員で話し合って遺産分割を行い、全員が同意することが条件です。一人でも協議に参加していなかったり、同意しなかった場合は不成立となります。後で揉めないようにする為にも、遺産分割協議を作成し、保管しておく必要があります。

協議書の作成は、相続税の申告期限までに完了しておく必要があります。完了していないと、相続税の優遇処置が受けられなくなります。期限までに全員で話し合いをして、同意をするようにしてください。無理なら家庭裁判所で遺産分割を行うことになります。

遺産分割協議には弁護士がいた方がいいの?

遺産分割協議を行う場合には、弁護士を間に入れた方がいいのでしょうか?実は協議というくらいですので誰か専門家に入ってもらわないといけないのかなというイメージがありますが、親族間だけでも行うことができます。きちんと協議書を残していれば、問題ないのです。

ただし、もしこの協議で親族同士に争いが起きてしまいそうな時には初めから間に弁護士に入ってもらうことをお勧めします。遺産相続に関しては問題が大きくなると訴訟に繋がることもあります。そういった時には最終的に結局依頼しなければならなくなりますので、始めから依頼しておいて損はありません。

遺産相続においての遺産分割協議

遺産相続においての遺産分割協議は、相続人にあたる人たちが遺産分与に関して相談をおこなう機会になります。遺産の分割に関しては、当然ながら遺言書の内容によって大きく変わります。遺産の内容によって気をつけるべき点や、サポートを受ける法律家なども大きく変わってくることでしょう。

自分たちで遺産分与をおこなうこともできるのですが、場合によっては大きなトラブルに発展して、法廷に持ち込まれるケースも考えられます。そのような事態に発展しないようにも、しっかりとした法律家に依頼していくことが大切になってくるしょう。

遺産分割協議をおこなう

遺産分割協議については故人が残した遺産について、分けかたを相談する場になります。この場については相続人の制定からはじまり、故人の遺産の特定なども行ったうえで、相続人全員で遺産の分け方についての話し合いをおこないます。

この話し愛については、遠方で合っても相続人は基本的に全員参加が義務付けられています。遺産分割協議が困難な場合には弁護士に依頼し、仲介に入ってもらうことでやり取りをおこない遺産の分割を決定できる方法もあります。円滑に遺産相続を終えたいのであれば、この方法がより良い方法だと言えるでしょう。

7月 17

遺言書作成で無視できない注意点

実際に遺言書作成で無視できない注意点は複数存在します。いきなり遺言書作成に取り掛かる前に注意点をチェックしないといけませんね。

また、注意点を考慮して遺言書作成を行うのは、自分一人では自信がないというのであれば、無理して自分だけで行う必要はなく、弁護士の力を借りれば、注意点もしっかりと考慮して遺言書作成をしてくれます。

とても楽に完成させる事ができるのではないでしょうか。遺言書作成を考えているのであれば、全体の流れとどんな注意点があるのかという事を一通り知るという作業から始めてみてはどうでしょうか。難しく考えるのではなく、まずできる所からスタートしてみてはどうでしょうか。

自筆証書遺言の形で遺言書作成をしましょう

遺言書には3つの書き方があります。特におすすめなのが、自筆証書遺言です。遺言者が、遺言の全文、日付、氏名を自書し、押印をして遺言書作成をしていく方法です。筆記具と用紙さえあればすぐに作成可能なので、他の書き方からすれば、とても簡単で、費用もかかりません。

また自分だけで作成することが出来るので、遺言書の内容を他人に秘密にしておきたい方におすすめです。しかし、専門家などにチェックをしてもらうわけではありませんので、法的要件不備の為に無効になるケースが多く、紛失、偽造、隠ぺいの心配や遺言の存在をどう亡くなったあとに知らせるのかという問題もあります。

遺言書作成はとても簡単です

遺言書作成には方法が何通りもあります。一番簡単なのは自筆証書遺言となります。遺言者が遺言の全文や氏名、日付などを自書して、押印をして作成する遺言書のことです。筆記具と用意があればすぐにでも作成することが出来る遺言書となっています。

他の方法と比べると費用も労力もほとんどかからないので、とても簡単に遺言書作成をすることが出来ます。自分だけで作成をしていくので、他人に遺言書の内容を知られたくない方におすすめの方法です。しかし自分ひとりしか存在を知らないので、亡くなった後で遺族にどうやって見つけてもらうのかをしっかりと考えて、保管しておかないといけません。

自筆証書遺言が一番簡単な遺言書作成方法です

遺言書作成方法はたくさんあります。その中で一番簡単なのが、自筆証書遺言です。遺言者が遺言の全文、氏名、日付、押印をして遺言書作成する方法で、筆記具と用紙があれば、いつでも作成することが出来る遺言書となっています。自分だけで作成するので、遺言書を他人に秘密にしておく事も出来ます。

しかし専門家にチェックをしてもらうわけではないので、法的要件不備の為に無効になってしまうこともあるので、注意をして遺言書を作成しなければいけません。そして亡くなった後に残された遺族に遺言書を発見してもらえるように、見つかりやすい場所に隠しておく必要もあります。

遺言書作成したその後は?

遺言書作成を弁護士に依頼したのはいいですが、原案ができあがってきて、それですべてOKになったその後は一体どうすればいいのでしょうか?手としては3つあります。

①自分でその遺言書を保管しておく②法律事務所に保管をお願いする③すべての今後の手配を法律事務所に一括でお願いすること、となります。①の場合は下手をすると遺言書があること自体がみんなに知れ渡らない可能性があります。それを考えると②か③が一番安全でしょう。②の場合には1年で保管料が5000円ほどかかりますが、年に5000円でしたらそこまで大きな打撃ではありません。

7月 22

遺産相続手続きの時効について

遺産相続手続きの際に時効が問題となるケースはとしては、まず「遺留分減殺請求権」が挙げられます。

これは、遺産を相続する権利があるにもかかわらず、遺産の相続を認められなかった人が遺産の相続を求める権利です。この権利は遺産を相続する権利があることを知ってから1年以内に請求しなければ請求権が消滅し、10年で権利そのものが消滅します。

また、遺産を放棄する代わりに借金も放棄できる「相続放棄」の時効は相続開始より3ヵ月です。

多額の借金があることが分かっている場合は、すぐに「相続放棄」をした方が良いでしょう。そして、相続人ではない人間が遺産を相続した場合、本来の相続人が遺産の返却を求めることができる「相続回復請求権」は、20年が期限です。

これらに該当する遺産相続手続きは、早急に対処した方が良いでしょう。

いい遺産相続手続きは短時間で終わる

代行している場合や、自分でも行っていく方法がわかっているときなど、遺産相続手続きがいいものとなっていれば、短時間ですべての手続は完了します。出している書類などの不備がないこともわかってきますので、問題なく手続きが完了する形となっているのです。

しっかりと手続きしたいと思っている場合には、出来る限り書類の不備が起こらないように調整して、いい手続きをしてください。完了するまでにかかる時間がながければ長いほど、失敗していると感じたほうがいいでしょう。遺産相続手続きは、時間によって良し悪しも変わってきます。

遺産相続手続きはどの専門家へ頼むか

遺産相続手続きの中で、相続内容に不満を抱えている場合や、遺言書の内容に意義を申し立てたい場合には、相続手続きが得意な弁護士に相談しましょう。その様な状態で、相続手続きをしてしまうと、必ず相続人の間で争いが起こってしまいます。その様にならないためにも、弁護士に相談して解決するようにします。

また、遺産相続には期限があるので、葬儀が終わり次第にでも手続きを行うことが重要です。裁判になってしまえば、手続きに時間がかかってしまう場合もあり、早めに弁護士への相談と手続きを行うことにより、スムーズに遺産を受け取ることができます。

遺産相続手続きは手際よく行おう

遺産相続手続きにおいて、早く手続きを行わなければ、自分に損害が出てしまう時があります。法律では、相続手続きの期限が決まっており、ある一定の期間内に手続きが完了しなければなりません。そのため、被相続人に借金がある場合には、遺産相続を放棄しないと負の遺産として相続してしまいます。

各相続手続きの期限を把握して、知識として身に付けることで、いざ自分が相続人となった時や、被相続人になり子供などに相続させる時に、不利益になるようなことが起こりません。また、専門の弁護士に依頼するのも、一つの手段として考えることができます。

遺産相続手続きをお願いする専門家は

遺産相続手続きを行う場合、個人で行ってもいいですが、平日に金融機関に行けなかったりと都合が悪く行えない人もいます。手続きが遅れてしまえば、不必要な損害を受けたりします。弁護士から行政書士まで専門家がいますが、誰に依頼をすればいいでしょうか。どの専門家も手続きをすることができます。

しかし、相続手続きにあたって、親族間での争いごとが起こり、裁判で解決すると踏み切れば、弁護士に依頼しましょう。司法書士や行政書士は、弁護士よりも安価な費用で依頼を受けてもらえるので、裁判にならない案件については、どちらかに依頼することがおすすめです。

7月 05

遺産相続手続きをしないという選択肢もある

遺産相続手続きはするもしないも相続人の自由です。

遺産というと現預金や土地などのプラスの財産をイメージする人がほとんどですが、実は相続財産にはプラスのものもあればマイナスのものもあります。マイナスの財産というのは、端的に言えば借金のことです。

被相続人の借金を受け継ぎたくないという場合は、相続放棄をすることができます。

相続放棄をする場合は、相続を知ってから一定期間のうちに家庭裁判所で手続きを行う必要があります。また、財産に少しでも手をつけて使ったりしてしまうと、相続放棄ができなくなってしまうこともあるので注意が必要です。

6月 07

遺産の相続手続き

遺産の相続手続きが必要となった場合にどこに相談すればよいのかすぐに分からない人も多いのでないでしょうか。
相談先としては主に弁護士・税理士・司法書士の3つがありますが、それぞれ得意とするものが違うためケースより使い分けることがおすすめです。

弁護士は遺産分割の割合であったり、誰が相続するかなど、相続人同士のトラブルを解決する際に利用します。

税理士が出来る仕事は相続税の申告や相続財産評価などがあります。

司法書士が出来る仕事は抵当権の抹消や遺言執行、不動産の名義変更、相続放棄などがあります。

将来相続問題は避けては通れない問題であり、争わないですむためにも少しでも正しい知識を身に着け、将来に備えておくことが重要であると思われます。

5月 12

相続手続きで争いを避けるためには

相続手続きの際の争いを避けるためには、遺言書を書いてもらうことが一番です。遺言書作成は本人の自筆で最後に日にちと印鑑があればいいです。開けるのは裁判所であけます。

遺言書に書いてあるままに相続手続きをして財産を分けなくてはいけないわけではありませんが、なるべく遺言書のとおりにします。

たとえば、長男に全部あげるなどというのは不条理なので、他の兄弟は遺留分を請求することができます。しかし、生前贈与(子どもの学費、車の購入資金、家の購入資金など)があれば、正当な相続費用からひかれます。親と同居しているか一番面倒を見ている人に従うのがいいでしょう。

毎年110万円までなら贈与税はかかりません。
生きている間に相続人にすべて生前贈与するのが一番争いが少ないです。

4月 26

相続税お尋ねが送られる訳

なぜ相続税お尋ねが届けられるのでしょうか。分けもなく相続税お尋ねが送られる分けではありません。この相続税お尋ねの書類については税務署が送付していますが、その背景には申告漏れなどがないかどうかチェックしたいという目的のために送付されていると考えられます。
しかし、相続税お尋ねは法律において絶対に記載して送付しないといけないと定められている分けではないので、記載するかしないかは本人に委ねられている部分もあります。しかし、相続税お尋ねが送られたのであれば、送り返す方が好ましいと思います。税理士に依頼するなどして、記載する内容などは徹底したいと考える人も中にはいるみたいです。

4月 11

相続手続きや遺産相続は専門家に相談しよう

親からの莫大な遺産がある場合は、その相続でもめるというケースはたくさんあります。相続の対象となる人が自分の主張ばかりを言うことが多いので、もめることになります。

こういった相続手続きや遺産相続に関する相談は法律の専門家に任すことが一番良いのです。

遺産相続に関して自分の主張ばかりしている状態だと、感情論に終始してしまうので、解決するということはないと言っても良いでしょう。それが、法律に基づいた判定をしてもらえると、法律に従うしかなくなってしまうので、解決に近づくことになります。それで納得できない人でも法律で決められているので、納得するケースが多いのです。

3月 18

届くかもしれない相続税についてのお尋ね

親族が亡くなった場合には、すべての人ではありませんが相続税についてのお尋ねが届けられる事もあります。

相続税についてのお尋ねは、税務署が発送している書類で、相続や相続税の金額について答えるのが主となっている様ですね。
あなたの家にも相続税についてのお尋ねが届くかもしれません。

また、相続税についてのお尋ねが届く場合と届かない場合についてですが、相続の金額などの情報によって税務署が送付をするかどうか判断しています。

相続税についてのお尋ねは情報提供のための書類ではなく、税務署が情報を把握するための書類です。内容を理解して、書いて送り返すという作業が必要になってきますので、税理士に手伝ってもらう人もいる様です。

古い記事へ «