7月 22

遺産相続手続きの時効について

遺産相続手続きの際に時効が問題となるケースはとしては、まず「遺留分減殺請求権」が挙げられます。

これは、遺産を相続する権利があるにもかかわらず、遺産の相続を認められなかった人が遺産の相続を求める権利です。この権利は遺産を相続する権利があることを知ってから1年以内に請求しなければ請求権が消滅し、10年で権利そのものが消滅します。

また、遺産を放棄する代わりに借金も放棄できる「相続放棄」の時効は相続開始より3ヵ月です。

多額の借金があることが分かっている場合は、すぐに「相続放棄」をした方が良いでしょう。そして、相続人ではない人間が遺産を相続した場合、本来の相続人が遺産の返却を求めることができる「相続回復請求権」は、20年が期限です。

これらに該当する遺産相続手続きは、早急に対処した方が良いでしょう。

7月 05

遺産相続手続きをしないという選択肢もある

遺産相続手続きはするもしないも相続人の自由です。

遺産というと現預金や土地などのプラスの財産をイメージする人がほとんどですが、実は相続財産にはプラスのものもあればマイナスのものもあります。マイナスの財産というのは、端的に言えば借金のことです。

被相続人の借金を受け継ぎたくないという場合は、相続放棄をすることができます。

相続放棄をする場合は、相続を知ってから一定期間のうちに家庭裁判所で手続きを行う必要があります。また、財産に少しでも手をつけて使ったりしてしまうと、相続放棄ができなくなってしまうこともあるので注意が必要です。

6月 07

遺産の相続手続き

遺産の相続手続きが必要となった場合にどこに相談すればよいのかすぐに分からない人も多いのでないでしょうか。
相談先としては主に弁護士・税理士・司法書士の3つがありますが、それぞれ得意とするものが違うためケースより使い分けることがおすすめです。

弁護士は遺産分割の割合であったり、誰が相続するかなど、相続人同士のトラブルを解決する際に利用します。

税理士が出来る仕事は相続税の申告や相続財産評価などがあります。

司法書士が出来る仕事は抵当権の抹消や遺言執行、不動産の名義変更、相続放棄などがあります。

将来相続問題は避けては通れない問題であり、争わないですむためにも少しでも正しい知識を身に着け、将来に備えておくことが重要であると思われます。

5月 12

相続手続きで争いを避けるためには

相続手続きの際の争いを避けるためには、遺言書を書いてもらうことが一番です。遺言書作成は本人の自筆で最後に日にちと印鑑があればいいです。開けるのは裁判所であけます。

遺言書に書いてあるままに相続手続きをして財産を分けなくてはいけないわけではありませんが、なるべく遺言書のとおりにします。

たとえば、長男に全部あげるなどというのは不条理なので、他の兄弟は遺留分を請求することができます。しかし、生前贈与(子どもの学費、車の購入資金、家の購入資金など)があれば、正当な相続費用からひかれます。親と同居しているか一番面倒を見ている人に従うのがいいでしょう。

毎年110万円までなら贈与税はかかりません。
生きている間に相続人にすべて生前贈与するのが一番争いが少ないです。

4月 26

相続税お尋ねが送られる訳

なぜ相続税お尋ねが届けられるのでしょうか。分けもなく相続税お尋ねが送られる分けではありません。この相続税お尋ねの書類については税務署が送付していますが、その背景には申告漏れなどがないかどうかチェックしたいという目的のために送付されていると考えられます。
しかし、相続税お尋ねは法律において絶対に記載して送付しないといけないと定められている分けではないので、記載するかしないかは本人に委ねられている部分もあります。しかし、相続税お尋ねが送られたのであれば、送り返す方が好ましいと思います。税理士に依頼するなどして、記載する内容などは徹底したいと考える人も中にはいるみたいです。

4月 11

相続手続きや遺産相続は専門家に相談しよう

親からの莫大な遺産がある場合は、その相続でもめるというケースはたくさんあります。相続の対象となる人が自分の主張ばかりを言うことが多いので、もめることになります。

こういった相続手続きや遺産相続に関する相談は法律の専門家に任すことが一番良いのです。

遺産相続に関して自分の主張ばかりしている状態だと、感情論に終始してしまうので、解決するということはないと言っても良いでしょう。それが、法律に基づいた判定をしてもらえると、法律に従うしかなくなってしまうので、解決に近づくことになります。それで納得できない人でも法律で決められているので、納得するケースが多いのです。

3月 18

届くかもしれない相続税についてのお尋ね

親族が亡くなった場合には、すべての人ではありませんが相続税についてのお尋ねが届けられる事もあります。

相続税についてのお尋ねは、税務署が発送している書類で、相続や相続税の金額について答えるのが主となっている様ですね。
あなたの家にも相続税についてのお尋ねが届くかもしれません。

また、相続税についてのお尋ねが届く場合と届かない場合についてですが、相続の金額などの情報によって税務署が送付をするかどうか判断しています。

相続税についてのお尋ねは情報提供のための書類ではなく、税務署が情報を把握するための書類です。内容を理解して、書いて送り返すという作業が必要になってきますので、税理士に手伝ってもらう人もいる様です。

2月 25

遺言がない時の相続

人はいつ病気や事故で命を落とすかわからないため、昨日まではあんなに元気だったのにと言う方が、突然この世を去ってしまうことがあります。遺された家族はどうしていいかわからなくなってしまうこともあるかも知れませんが、中でも特に遺産相続をどう分配すれば良いのかわからず、悩んでしまう家庭も少なくないでしょう。

そんなときでも遺言書作成をしていれば、それを元に切り抜けることが出来そうですね。
ですが、突然の死の場合は、遺言書作成をしていない場合がほとんどでしょう。

このような自分たちではどうしようもないという場合は、お近くの司法書士事務所まで行って、
司法書士に相続相談をすることをおすすめします。

2月 08

相続手続きの相続税は正しく納めたい

税務調査については不安を感じている人が多いと聞いた事がありますが、
相続手続きの相続税の支払いを行った人は、自宅に税務調査が来るかもしれません。

また、相続手続きの相続税は、申告漏れになってしまっている事もあり、その場合には追徴課税が発生します。
ですので、相続手続きの相続税については、こんな感じでいいだろう、と曖昧に処理をしてしまうのではなく、法律家に相談しながら間違いなく相続手続きの相続税を納める事を考えた方がいいかと思います。

相続手続きの相続税について法律家に相談しながら対策を行っておけば、
自宅に税務調査が来ても慌てたり不安になったりする事なく、対応する事ができるでしょう。

1月 13

相続手続きを期限内に終える

注意しておきたい事があり、それは相続手続きを期限内に終える必要があるという事です。

相続手続きというのは、家族で話し合いをして協議を行う事はもちろんですが、書類を提出したり、納税を行うなどすべて期限内にしないといけません。

家族が会って話をするチャンスが少ない人であれば、期限内に相続手続きを終えるのは大変な事の様に感じられるかもしれませんね。

もし、相続手続きを期限内に終えるのが厳しく感じられたのであれば、弁護士に手伝ってもらう事で、無事に期限内にすべてを終えるという事が可能かもしれませんね。相続手続きを終えるまでに時間がかかりそうであれば、少し急がないといけない事もあるかもしれませんね。

古い記事へ «