海外在住中の相続人の遺産相続手続き

相続人が海外に在住している場合の遺産相続手続きは、日本国内のものと少し違います。

海外に在住している相続人は、遺産分割協議書の作成において、サイン証明書と在留証明書が必要になります。日本国内に住民票がない場合、印鑑証明が発行できないので、遺産分割協議書に実印を押しても無効になってしまいます。

そこで、相続人は現地にある日本領事館でサイン証明書を発行してもらわなければなりません。これが印鑑証明の代わりになります。このサイン証明書は、日本領事館で遺産分割協議書を提出し、係官の前でサインする発行できます。

また、遺産分割協議書に必要な住民票の代わりが在留証明書となり、こちらも日本領事館で発行できます。