海外在住中の相続人の遺産相続手続き

相続人が海外に在住している場合の遺産相続手続きは、日本国内のものと少し違います。

海外に在住している相続人は、遺産分割協議書の作成において、サイン証明書と在留証明書が必要になります。日本国内に住民票がない場合、印鑑証明が発行できないので、遺産分割協議書に実印を押しても無効になってしまいます。

そこで、相続人は現地にある日本領事館でサイン証明書を発行してもらわなければなりません。これが印鑑証明の代わりになります。このサイン証明書は、日本領事館で遺産分割協議書を提出し、係官の前でサインする発行できます。

また、遺産分割協議書に必要な住民票の代わりが在留証明書となり、こちらも日本領事館で発行できます。

遺産相続手続きを早めに済ませるべき理由

遺産相続手続きは、相続人が一人である場合や、それほど遺産がない場合は難しいことではありません。しかし多くの相続人がおり、不動産を多く持っている場合や、遺言書の内容に納得がいかない場合、スムーズにおこなうのは難しいかもしれません。

相続税には申告期間が決められていて、相続開始を知った日(被相続人が亡くなった日)の翌日から、10か月以内となっています。意見を一致させることができないでいると、あっという間に期限となってしまいます。早めに法律の専門家に相談して、相続人同士の関係をこじらせることなくストレスなく手続きを済ませるようにしたいものです。

遺産相続手続きには相続の開始日を基準とする期限があります

遺産相続手続きには期限が設けられていて、相続の開始した日を基準として、いくつかの手続きによって期限が定められています。気になる相続の開始した日というものは、死亡した時点から相続が始まることになりますから、相続の開始した日は死亡した日になります。

遺産相続手続きには、遺言書が作成されているどうかを確認し、相続権がある相続人を調べる必要が出てきます。また、現金や預貯金、不動産などの相続財産も調べなければならないものですから、時間も必要になるため詳しい専門家に相談されて、依頼されることをおすすめしたいものです。

遺産相続手続きは速やかにおこなうと安心です

遺産相続手続きには、特に時効があるというわけではありません。しかし、被相続人が残した財産が、預貯金や持ち家などといったプラスの財産よりも、借金のようなマイナスの財産が多い場合には、相続放棄の手続きが必要となります。

また、その手続きをおこなうには、3ヶ月以内の時効がありますので注意が必要でしょう。さらに、遺産相続手続きをスムーズにおこなわない場合には、税金の申告などにも影響が出て来ることがあります。そこで、法定相続人は、出来るだけ速やかに遺産分割協議をして協議書を作成し、手続きに臨むことが重要です。

遺産を引き継ぐ際の遺産相続手続きのやり方について

遺産相続手続きは亡くなった方の銀行預金や保険金、土地や家、自動車などの相続による手続きの事で、手続きの際には亡くなった方の出生から死亡までの全ての戸籍を集める必要があります。

戸籍謄本などを元に関係者全員の住所をはじめ氏名、続柄など法定持ち分はどれ位なのか相続関係説明図を作成し亡くなった方の遺産について法定相続人が全員で誰がどれ位相続するのかを決めて、話し合いで決まった内容で遺産分割協議書を作成し、法定相続人全員の署名と実印をもらい各人の印鑑証明書と戸籍謄本を添付して遺産相続の手続き先の機関に提出を行います。

関連記事