相続における遺言書作成の無料相談

相続のことを考えて、遺言書作成を考えておられる方も多いのではないでしょうか。そして、遺言書の作成にあたっては専門家のアドバイスが必要であると考えておられる方も多いことでしょう。

でも、そのためにお金を払わなければならないのだと考えると、興味はあるものの二の足を踏んでしまっているのではないでしょうか。そういう方には、遺言書作成に関する無料相談の機会を利用されることをオススメできます。遺言書の作成にあたっては、親族に相談したのでは公平性を欠くことにもなりますから、利害関係のない第三者の意見を聞くのが良いと言えます。

相続争いを避ける為にも遺言書作成は重要

故人の遺言がない遺産相続では争いが絶えません。例えたった一人であれ遺族の中に欲深な人が存在すると、できる限り多くの財産を欲しがるだけではなく、他の人に面倒な手続きを押し付けようともするので、遺族全員が際限のない要求に巻き込まれてしまうのです。

このような人は自分に都合のよい法律知識を振りかざしますので、弁護士など法律専門家の助けを必要とする事態になりがちです。このような事態を未然に防ぐためにも、専門家への相談のもと正しい遺言書作成を行うことが重要です。遺言書だけでは相続争いが避けられないと予想される場合は、あらかじめ遺言執行者を選任しておくと良いでしょう。

子供がいない夫婦の遺言書作成

子どもをもうけなかった夫婦の場合、遺言書を記載しないまま亡くなってしまった場合に、兄弟がいるようであれば妻だけに遺産はいきません。兄弟にも分配されますので、遺言書作成はした方がいいでしょう。

相続がない場合には住居を販売し、得たお金で遺産相続をしていかなくてはいけないケースも出てきます。そうなってしまうと事態は深刻ですので、遺言書の作成は必須でしょう。知識がないとそのような災難なケースに陥ってしまいますので、しっかりと把握しておくことが大切でしょう。他にも不安なようなことがあれば、司法書士や弁護士などの専門家にヒアリングすることをおすすめします。

公正証書遺言の遺言書作成

遺言書にはいくつかのタイプがあり、遺言書の作成方法については遺言者が自由に決めるような形になります。遺言書の一つである公正証書遺言は、遺言者から直接公証人に対して、遺言の内容を伝え、公証人が書面化していく方式になります。

公証人が書面化していきますので、遺言書の内容の不備などによって無効になってしまうリスクや、偽造をされるようなリスクもありません。遺言書作成のなかではもっとも安全な方式になるでしょう。遺言書はライフステージが上がるごとに作成しますので、その都度アップデートすることが望ましいでしょう。

自筆証書遺言書の遺言書作成

自筆証書遺言を作成していくのは簡単であることが利点としてあげられます。しかしながら、遺言書には法律に定められている要件や形式などがあり、それらの条件を満たしていく必要があるでしょう。

要件や形式などに不備があった場合には、自筆証書遺言が無効になるケースは数多くあり、そうなってしまうとせっかく遺言書を作成しても、自分の意思が伝わらない事になってしまいます。そのようなことを念頭において、遺言書作成をしていくことが大切になります。遺言書作成については、弁護士や司法書士に相談にのってもらうことも可能です。