«

»

5月 12

相続手続きで争いを避けるためには

相続手続きの際の争いを避けるためには、遺言書を書いてもらうことが一番です。遺言書作成は本人の自筆で最後に日にちと印鑑があればいいです。開けるのは裁判所であけます。

遺言書に書いてあるままに相続手続きをして財産を分けなくてはいけないわけではありませんが、なるべく遺言書のとおりにします。

たとえば、長男に全部あげるなどというのは不条理なので、他の兄弟は遺留分を請求することができます。しかし、生前贈与(子どもの学費、車の購入資金、家の購入資金など)があれば、正当な相続費用からひかれます。親と同居しているか一番面倒を見ている人に従うのがいいでしょう。

毎年110万円までなら贈与税はかかりません。
生きている間に相続人にすべて生前贈与するのが一番争いが少ないです。