相続手続きと相続放棄

被相続人に借金等のマイナス財産があった場合、そのままでいると相続人がマイナス財産も相続することになり、借金を返済しないとならなくなります。
そのような時「相続放棄」を選択すると、借金の返済をしないで済みます。
しかし、この場合は借金などのマイナス財産は引き継がないで済みますが、プラス財産も全て相続しないことになります。
また、相続によって得た財産の範囲内で借金を返済できる「限定承認」という方法もあります。
「相続放棄」または「限定承認」をする場合、相続人が相続開始を知った時から3ヶ月以内に手続きをします。