相続手続きに遅延は禁物

相続とは、人が亡くなった場合に必ず発生するものであり、亡くなった人の財産や権利だけでなく負債や義務などの法律的な関係が他の人に移ることをいいます。相続にあたっては、遺産分割の協議、預金などの名義変更、相続税の納付など様々な手続きが必要です。たとえば、相続税は、相続開始を知った日より10ヶ月以内に、税務署に申告書を提出し納付する必要があります。遺産分割がまとまらないので納付できないなど、各家庭の事情は考慮されません。
相続手続きが遅延すると、本来給付されるべき給付金が貰えなくなる、専門的な手続きにより余分な費用が掛かるなどのトラブルにつながります。