相続手続きの進め方

まず、亡くなった方の遺産を調べます。
預金や保険金・有価証券(株など)・家(不動産)・車・会員権等です。
そして、亡くなった方の出征から死亡するまでの戸籍謄本等と相続人全員の戸籍謄本等を集めて、相続人が誰なのかを確認します。
どの遺産相続においてもこれらの戸籍謄本等は必ず提出しないといけません。
亡くなられた方の戸籍や転籍の数、相続人の人数によっては戸籍謄本等の数が増えます。
戸籍謄本等はそれぞれの本籍の役所でしか取得できないので、離れている場合は取り寄せないとなりません。
これらの戸籍謄本等を集めるだけでも大変な作業です。
一度弁護士に相談して遺産相続のアドバイスをもらってみてはいかがでしょうか。