相続手続き

遺産相続に関する問題を抱えている消費者の数は、全国的に増えているといわれており、早期にトラブルを解決するために、法律のプロのアドバイスを受けることが何よりも重要です。現在のところ、優れた経歴を持つ弁護士や司法書士の相談の方法について興味を持っている人が目立っており、まずは相続手続きのおおよその料金の相場をチェックすることがおすすめです。

一般的に、相続手続きをすべて終えるまでに、数カ月以上の時間が必要となることがありますが、信頼のできるスタッフに相談を持ち掛けることで、安心して対処をすることが可能です。

遺産相続手続きの注意点や仕組みに関する内容

遺産相続は亡くなった家族や親族(被相続人と呼ぶ)の遺産を、相続人が受け継ぐことを指し示します。被相続人の他界と同時に開始されますが、相続するべき者の順列や遺産分割の配分は民法で厳密に定められています。遺産相続手続きには、各種期限が設けられていますから注意すべきです。

期限を無視したり、放置しておくと「相続の期限切れ」で遺産を引き継ぐ事が難しくなる可能性が生じます。遺産相続の手続きを放置にしておいても、遺産が誰かの物になったりする事は有り得ないですが、場合によってはそれ以上のリスクを背負う可能性はあります。

遺産相続手続きに関するお役立ち情報

遺産相続手続きと聞くと、やはり複雑で難しいというイメージもありますが、大まかな流れを把握しておけば大丈夫です。まずは、第一歩として被相続人の死亡後七日以内に死亡届を提出した後、火葬やお通夜の手続きをし、四十九日を終える頃までに遺言書の確認・法定存続人の確定・相続財産の調査・遺産分割協議を行います。

被相続人が死亡した年の一月一日から、死亡した日にちまでの期間の所得は準確定申告という形で申請します。相続開始から十ヶ月経つ頃には、遺産分割協議書や相続税の申告、相続登記を行っておく必要があります。また、相続開始から一年以内に行うものとして遺留分減殺請求がありますが、これは任意の制度です。

遺産相続手続きに必要な書類について

遺産相続手続きには多くの書類が必要となり、そのうちのどれか1つでも欠けていると手続きを進めることが困難と言われています。特に印鑑証明書は相続手続きにおいて非常に重要な書類となります。印鑑証明書は相続人が複数いる場合、どの財産をどのくらいの割合で相続するのかという項目を文書化した遺産分割協議書に合意を示す署名と実印の捺印と一緒に添付する必要があります。

印鑑証明書は各市町村の役場で取得することが出来、立派な印鑑でなくても認め印のような印鑑でも登録が可能です。女性の場合、印鑑登録をしていない方が多いですが登録をしていないと印鑑証明は取得できないため、注意が必要です。

遺産相続手続きをするには遺産分割協議書があると便利です

遺産相続手続きをスムーズにおこないたいと思うなら、司法書士などの法律の専門家が作った遺産分割協議書があると良いでしょう。法律の専門家ではない一般の方でも、遺産分割協議書に必要なさまざまな事項が載っている、瑕疵のない書類が作成できるのであれば問題はありません。

それは、遺産相続手続きに必要な分割協議書には、特に決まった書式があるわけではないからです。しかし、必要事項がきちんと全て揃っていないと、後々問題となってしまうことも考えられますから、出来れば専門家に作成してもらうほうが、安心できるといえるのではないでしょうか。

関連記事