相続相談、まずは公的機関を利用してみませんか。

相続相談の入り口として、様々な公的機関が存在します。いきなり専門科には相談しづらいものですから、無料で利用できる公的機関は、相続相談の入り口として便利です。一般的な相続の流れなどは、税務署で相談することができます。

法律全般でいえば、法テラスでも相談が可能です。相談内容によって、利用するべき機関は違います。例えば、登記関係なら法務局、遺産分割の調停なら裁判所、相続税なら税務署などです。いずれにせよ、自分は何を相談したいのか?ということを整理し、目的に沿った機関を選んで効率的に相談する工夫は必要となります。

弁護士に遺言書作成を相談する

意外にも思うかも知れませんが、弁護士業務の一つに遺言書作成の相談があります。遺言書の作成と聞いて簡単に思う人もいるかも知れませんが、残された遺族が、遺言書の内容によっては大きなトラブルに巻き込まれてしまうようなケースもあります。そのようなことをしっかりと踏まえて作成をおこなっていくべきでしょう。

また、法的なルールもありますので、そのことを弁護士に聞きながら遺言書の作成をおこなうことが求められています。より良い遺言書を作成するにあたっては、遺産相続は法律事務所を利用することで、実現することが可能になるでしょう。

遺留分は遺言書に対抗する唯一の手段

遺留分というのは遺言書に対抗するための唯一の手段と言われています。もしこちらを使用しなければならないような状況に陥っている場合には既に厄介な状況になっているのではと思いますのですぐにでも弁護士に相談しましょう。特に遺留分を請求しようと思っている相手側が弁護士を立てているのであればこちらも立てるべきです。

なぜかと言うとやはり専門家に言われたり、なにかアドバイスされたら自分の味方でないことがわかっていてもつい耳を傾けたくなってしまいませんか?そうすると自分にとって不利な状況になってしまうようなこともあります。

遺言開示の際に気をつけたい遺留分

どんな人においても、遺産相続をおこなうケースはありますが、十分な知識がないままに遺産相続をしてしまうようなケースもあるようです。被相続人が生前に記載した遺言書があるケースもあります。この遺言書に関しては、しっかりと記載がおこなわれていることから、安心して遺産相続をおこなうような相続人も多いようです。

しかしながら、遺留分が十分に考慮されていないようなケースも存在します。遺留分に関しては、被相続人が受け取れる保証が法律で定められていますので、万が一守られていないようであれば、請求をおこなうことが認められていますので、しっかりと理解しておくことが大切でしょう。

遺産分割協議、遺留分なら弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【公式】