相続相談は区役所を利用しましょう

相続相談は区役所で定期的に行っている無料相談を利用すると良いでしょう。相続をすることになった場合、知らないことが多くあるでしょう。どんな手続きを行ったらよいのかや、相続で家族でもめている場合などがあります。

激しくもめている場合は、区役所でやっている無料相談ではどうにもならないことがあるかもしれませんが、無料相談では、道筋をつけてもらうことができるでしょう。突然、訪れても相談に乗ってもらえるかもしれませんが、事前に予約をしておくと、スムーズに相談にはいることができます。行政の無料サービスはどんどん利用しましょう。

弁護士に遺言書の作成を習う

ライフスタイルが多様化されている現代において、遺言書の作成は必須のものとなりつつあります。これまでには、遺言書は財産を多く所有している人が作成するものだと考えられていました。しかしながら、様々なことが起こりうる現代においては、遺言書を作成しようと考えている人も多いようです。

弁護士については、このような遺言書の作成をサポートしていますので、まずは法律事務所に遺言書の作成について、問い合わせしてみることをおすすめします。弁護士に相談することで、多くの相続人にとって良い遺言書が作成されるといいですね。

弁護士に遺言書の相談をする

最近多くの人の間で注目されているのが、遺言書の作成になります。遺言書の作成については、遺産の内容によっては大きく異なることがあげられますが、基本的には専門的なルールや方式があります。そうしたことから一人で作成するよりも、弁護士などの法律家の力を借りて遺言書の作成をすることが推奨されています。

遺言書の作成については、間違えてしまいますと無効になってしまいますので、そうしたことも避けられるように弁護士との作成をおすすめします。法律事務所によっては、遺産分与を専門にしているところもありますので、そのような法律事務所に依頼してもいいですね。

遺留分の力が発揮される時

遺留分というのはどういった時に使われるものなのでしょうか?例えば遺書に「自分の財産は全て愛人のAさんに譲る」と記載があったとします。そうなってくると残された相続人は「えっ?」となりますよね?特に子供や配偶者は今後の生活にも関わってくることになりますので譲れるところではありません。

そういった時に本来であれば自分もこの分慰謝料をもらうことが出来るはずだとすべての財産を相続した人に対して請求できるのです。当然向こうもこちらが提示した金額に対して「それはできない」と言ってくることもありますが、そういった時は間に弁護士に入ってもらって交渉します。

遺産分割協議、遺留分なら弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【公式】