相続税お尋ねが来た場合

相続税お尋ねというのは、相続税の申告期限からおおよそ2から3か月前に送付されてきます。税務署もランダムにしているわけではなく、被相続人にある程度の財産があることに見当をつけたうえで送付してきますので、申告が必要になるケースがほとんどです。
遠方にいればそれだけ送付が遅れることも予想されますが、一概にそうではなく、死亡、市役所から税務署へデータが流れ、被相続人の相続人を確認し、送付しますので遠方であることを理由に知らなかったでは済まされません。相続を知らなかったケースの相続放棄等とは別問題です。
なにせ、死亡した後から10か月後ですので十分な時間をかけて対応してもらっていることになります。ですので、こちらもすぐに弁護士などに依頼し対応しないと、延滞金が科せられることになりますので注意が必要です。