相続税税務調査の時期

相続税税務調査の時期は通常、相続税の申告(期限)から2年程度です。当然ですが、申告をしなくて脱税というのは論外ですが、申告をしても過小評価をする人がいるからこういった結果が出てきているのです。税務署は、相続税の計算があっているかどうかを提出された申告書をチェックし、金額が大きく影響するものに根拠資料の添付がないもの等、権限で調べることが出来ます。
特に、分かりやすいところで言うと、銀行の預貯金の入出金状況、有価証券等は証券会社などに照会し不自然な動きが無いかを探ります。特に外国送金等はチェックが厳しく入ります。申告は税理士が行うにしても後の税務調査で「不具合」が発生してきたときの裁判対応は弁護士になりますので入り口である最初の申告から弁護士も加え相談しながら相続に望むのがもっとも重要です。