«

»

6月 07

遺産の相続手続き

遺産の相続手続きが必要となった場合にどこに相談すればよいのかすぐに分からない人も多いのでないでしょうか。
相談先としては主に弁護士・税理士・司法書士の3つがありますが、それぞれ得意とするものが違うためケースより使い分けることがおすすめです。

弁護士は遺産分割の割合であったり、誰が相続するかなど、相続人同士のトラブルを解決する際に利用します。

税理士が出来る仕事は相続税の申告や相続財産評価などがあります。

司法書士が出来る仕事は抵当権の抹消や遺言執行、不動産の名義変更、相続放棄などがあります。

将来相続問題は避けては通れない問題であり、争わないですむためにも少しでも正しい知識を身に着け、将来に備えておくことが重要であると思われます。