遺産分割協議と遺言書の効力

遺言書の効力は、遺留分の次に重要となっているもので、ここがしっかりと解決されているようなら大きなメリットを得られるようになります。当然ですが、遺留分が最初に優先されるようになり、次に遺言書の内容が重要視されます。

遺産分割協議では、こうした部分をしっかりと考えた上で、間違っていることがないように調整しているのです。しかし、書かれている内容が間違っている場合、もしくは効力を持っていないものが見つかった場合は、遺産分割協議で結果的に相談しなければなりません。相談する内容が増えてしまい、嫌な気分に陥る場合もあります。

遺言書がある場合においての遺産分割協議について

遺産の分与がある際に、相続人同士で行われるのが遺産分割協議になります。この協議に関しては、主に相続人の誰がどの遺産を相続するか相談ができる機会になります。そのことから相続人においては遺産の放棄がない限り全員参加ですし、正式な遺言書がある場合には開催されるような事はありません。

しかしながら、作成された遺言書に不備があったり、遺留分が考慮されなかったり、放棄した相続人がいるのであれば、遺産分割協議をおこなう必要性が出てきます。このようにさまざまな決まりごとがありますので、法律家を雇うことでスムーズな遺産相続が可能になるでしょう。

遺言書がある場合の遺産分割協議について

故人が亡くなってしまい、葬儀などで忙しい日々が続いているかと思いますが、このあとさらに相続人同士でおこなう遺産分割協議があります。この遺産分割協議については、相続人同士で遺産を分ける場になりますので、相続人は放棄しない限りは全員の参加が求められます。

しかしながら遺言書があるような場合においては、その内容に従うこととなります。しかしながら、遺言書の内容が遺留分などでミスがあれば、無効になってしまいますので、相続人同士で話し合うことが求められていることがあげられます。さまざまな事態に遭遇することがありますので、落ち着いて遺産相続に臨みましょう。

遺言書があるケースにおいての遺産分割協議について

遺言書があるケースにおいての遺産分割協議については、通常では考えられませんが遺言書における遺留分などの不備や、他の相続人の相続放棄があった場合において開かれることがあげられます。その際においては自分たちで開催することもできますが、弁護士などの法律家に依頼しサポートを得ることもできます。

相続に関しては、さまざまな法的な知識が関わってきますので、自分たちでおこなうよりも、相続や法律に熟知した専門家を交えておこなった方が、スムーズにおこなうことができるでしょう。相続人同士で円満に相続できたらいいですね。

遺言書の不備において、遺産分割協議は不備なくおこなう

遺言書の不備が発生した場合において、その内容についてはなしになってしまいます。遺産分割協議に関してはその場合においては実施されることとなります。せっかくの遺言書でありますが、少しでもこうした不備が見つかってしまいますと無効になってしまうことがあげられます。

そのようなことがないように故人においては、細心の注意が必要とされています。とくに遺留分や相続分割の計算など、間違いやすい項目も数多くありますので、そのことに関してしっかりと注意していくことで、無効になるようなことを防いでいくことができるでしょう。

遺留分の問題、遺産分割協議の相談なら大阪の弁護士たちばな総合法律事務所

〒543-0001 大阪府大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

大阪で遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【HP】