«

»

8月 22

遺産分割協議書を作成しておきましょう

遺産分割協議は、どの遺産を誰が相続をしていくのかを話し合いをしながら決めていく協議です。この協議では相続人が全員参加して、全員が合意しないと効果を発揮させる事はできません。基本的に遺産は指定分割か法廷分割によって、遺産分割をしていきますが、相続人全員が合意をすれば、相続人で自由に遺産分割を行う事ができます。

相続人全員の合意を得られれば問題はありませんが、一人でも合意を得られない場合は、家庭裁判所で遺産分割を行うことになります。協議で全員が押印をして同意した場合は、遺産分割協議書を作成し、法的に効力を持たせる必要があります。

遺産分割協議書は必ず作成しましょう

遺産分割協議を行い、相続財産を分割する方法もあります。この協議は相続人全員で話し合って遺産分割を行い、全員が同意することが条件です。一人でも協議に参加していなかったり、同意しなかった場合は不成立となります。後で揉めないようにする為にも、遺産分割協議を作成し、保管しておく必要があります。

協議書の作成は、相続税の申告期限までに完了しておく必要があります。完了していないと、相続税の優遇処置が受けられなくなります。期限までに全員で話し合いをして、同意をするようにしてください。無理なら家庭裁判所で遺産分割を行うことになります。

遺産分割協議には弁護士がいた方がいいの?

遺産分割協議を行う場合には、弁護士を間に入れた方がいいのでしょうか?実は協議というくらいですので誰か専門家に入ってもらわないといけないのかなというイメージがありますが、親族間だけでも行うことができます。きちんと協議書を残していれば、問題ないのです。

ただし、もしこの協議で親族同士に争いが起きてしまいそうな時には初めから間に弁護士に入ってもらうことをお勧めします。遺産相続に関しては問題が大きくなると訴訟に繋がることもあります。そういった時には最終的に結局依頼しなければならなくなりますので、始めから依頼しておいて損はありません。

遺産相続においての遺産分割協議

遺産相続においての遺産分割協議は、相続人にあたる人たちが遺産分与に関して相談をおこなう機会になります。遺産の分割に関しては、当然ながら遺言書の内容によって大きく変わります。遺産の内容によって気をつけるべき点や、サポートを受ける法律家なども大きく変わってくることでしょう。

自分たちで遺産分与をおこなうこともできるのですが、場合によっては大きなトラブルに発展して、法廷に持ち込まれるケースも考えられます。そのような事態に発展しないようにも、しっかりとした法律家に依頼していくことが大切になってくるしょう。

遺産分割協議をおこなう

遺産分割協議については故人が残した遺産について、分けかたを相談する場になります。この場については相続人の制定からはじまり、故人の遺産の特定なども行ったうえで、相続人全員で遺産の分け方についての話し合いをおこないます。

この話し愛については、遠方で合っても相続人は基本的に全員参加が義務付けられています。遺産分割協議が困難な場合には弁護士に依頼し、仲介に入ってもらうことでやり取りをおこない遺産の分割を決定できる方法もあります。円滑に遺産相続を終えたいのであれば、この方法がより良い方法だと言えるでしょう。