遺産相続トラブルは介護が原因となる場合もある

遺産相続トラブルは、だれがどのくらい財産を承継するべきなのかについて、家族間で協議が整わないことで生じます。その原因は、家族関係がもともと悪かったことに起因することもあります。例えば、親の介護をやってきた相続人が、その分の寄与分を求めて、他の者より多くの遺産を受け取るべきだと主張し、その他の者がこれを否定することで、紛争が長引くことになることがあります。
遺産は分割されるまで共有状態となりますが、株式など、その共有状態のままでは権利が行使できないものもあります。そのため、適切に解決できるよう、被相続人が存命のうちに話し合っておくべきです。