遺産相続トラブルは介護が原因となる場合もある

遺産相続トラブルは、だれがどのくらい財産を承継するべきなのかについて、家族間で協議が整わないことで生じます。その原因は、家族関係がもともと悪かったことに起因することもあります。例えば、親の介護をやってきた相続人が、その分の寄与分を求めて、他の者より多くの遺産を受け取るべきだと主張し、その他の者がこれを否定することで、紛争が長引くことになることがあります。

遺産は分割されるまで共有状態となりますが、株式など、その共有状態のままでは権利が行使できないものもあります。そのため、適切に解決できるよう、被相続人が存命のうちに話し合っておくべきです。

遺留分を請求できる人

遺留分は実は請求できる人が決まっています。相続権のある人であったら誰でも出来るというものではないのです。請求できる権利を持っているのは故人の両親、子供、配偶者のみです。つまり故人の兄弟姉妹はその権利がありません。もし子供が未成年者だった場合には代理人を立てることが認められています。

なぜ兄弟姉妹は請求できる権利を持つ人から外されているのかと言いますと、兄弟姉妹の遺産相続に関しては他の法律で詳しく決まっているためです。また兄弟姉妹の場合には結婚していて関係性が分かりづらくなってしまうところも別の法律がある理由かも知れません。

遺留分はなぜできた?

遺留分という制度はなぜ出来たのでしょうか?遺書が残されているのであればそれに従うのが1番故人の思いを引き継いでいますし、もし遺書がなかったのであれば分割協議というものが行われます。そういった他にもたくさんの制度がある中で遺留分があるというのはどう行った意味を持っているのでしょうか?

まずは残された本来相続権利のある人の権利の確率です。特に配偶者や子供からしたら今後自分が学校に通ったり生きていくのに必要なお金になってくるかも知れません。この法律ができた頃には女性が外に働きに出るのもそんなに働き口がなく難しかったことも影響しているでしょう。

遺留分請求にかかる費用

遺留分現殺請求を法律事務所に依頼した場合に依頼費用というのはどれ位かかってくるのでしょうか?もし相続できる金額と差し引いてそこまで負担にならないようでしたら頼んでしまった方が絶対に楽ですよね。まず相談量が5000円、ここから30分たつごとにプラス5000円です。

その他に着手金が相続する金額が300万以下の場合8パーセント、成功報酬が実際に貰うことが出来た金額の16パーセントが相場になっています。この他に書類作成などがあった場合には別途雑費として請求されることになります。支払いですが最初にいくらか払い、後はお金が振り込まれてからということも可能です。

遺留分、遺産相続で知っておきたいこと

一つの家は、一人ひとりの人間がつながり連綿と続いています。そして一つの世代が終われば、次の世代に引き継がれていきます。不動産、預金といったものを引き継ぐのが遺産相続です。仕事でも業務の引き継ぎがあるように、世代でも引き継ぎがあります。一定の条件をクリアしている配偶者やその子供、直系卑属などが保障されている相続方法が遺留分です。

相続するものがなければ生活が困窮することもあるので、保障されています。遺言書作成でも留意すべきもので、遺言書に親族以外へ遺産相続すると記載していても、優先されますので注意が必要です。

遺産分割協議、遺留分なら弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【公式】