遺産相続手続きでは家庭裁判所に申述する

死亡した本人が法的効果のある遺言書を作成していた場合、普通方式では自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言、の3種類があり、遺産相続手続きでは、自筆証書遺言、公正証書遺言は家庭裁判所の確認が必要です。遺言書は民法の規定に基づいていないと無効となり、法的効果がなくなって、無意味なものとなってしまいます。

法定相続人以外の者に財産を与える場合、相続人たちが争わないように、スムーズに遺産相続できるよう遺言書を作成するのが目的で、遺言書がないと法定相続人以外の者に財産は分配されないので、必ず遺言書を書かなければなりません。

トラブルを避けたい相続手続き

遺産の相続手続きを行わなければならない場合において、亡くなった本人の意思を示す遺言書が残されていたり、相続対象となる方が複数存在していたりする場合には、特に慎重に対処すべき問題となります。

定められた期限内で正しい手順が必要とされながら、対処できない場合においては裁判所や公証役場の介入が必要となるケースも存在しており、スムーズな解決が見込めないことも見受けられます。弁護士などへ相談することによって、どのような対策を立てれば良いかという対処方法を見出すことも可能であり、速やかな問題解決へと役立てられます。

弁護士などへ相談される相続手続き

資産を持つ方が亡くなった場合において、残された家族の間での問題となる相続手続きには、定められた法律が多く関係しており、正しい手順での手続きが必要とされています。遺言書が残されていた場合や、相続対象となる方が複数存在している場合においては、公証役場や裁判所が介入しながら問題対処されるケースも多く、どうしてもトラブルの発生しかねない事柄でもあります。

より速やかに、且つ適切に対処するために、弁護士や司法書士への相談が進められることもあります。法律に基づいた情報や知識を取り入れながら、解決を目指すことが可能となります。

相続手続きの相談機関について

遺産の相続手続きが発生する場合は、亡くなった方の意思が表されている遺言書や、対象となる相続人がどのくらい存在しているかなど、最初に調べて進める必要があります。残された家族にとって大きな課題となってしまいます。

また、定められた基準や法律に沿った手続きが必要でもある他、期限内に対処せねばならない問題として、速やかな対応が求められます。どうしてもトラブルへと発展しがちな相続の手続きは、弁護士や司法書士などによって相談業務として取り扱われている他、裁判所や公証役場が介入して解決される事柄も多く、頼れる機関も存在しています。

あらゆる機関へ相談できる相続手続き

遺産の相続手続きに関する問題を抱えてしまった場合には、弁護士や司法書士などの法律専門家へ相談を行うことも対処方法の一つとして挙げられます。資産を所有している方が亡くなった場合、残された家族にとって大きな課題ともなってしまう遺産相続の手続きは、定められた法律に従って手順通りに、さらに期限内での対応が必要とされており、どうしてもトラブルへと発展しがちな事柄でもあります。裁判所や公証役場によって介入されるケースも見受けられる中、相続対象となる方全員にとって公平な分配方法を決めるための対策が行われます。

関連記事