遺産相続手続きに伴う株式の口座移管について

遺産相続手続きに際し、被相続人が株式を保有していた場合、まずは、被相続人の証券口座の内容を確定させるため、残高が所在する証券会社に死亡を告知し、これを受けた証券会社は、株式を含む当該口座の残高が移動しないように直ちに口座を凍結します。
その後、相続人全員の合意に基づく遺産分割協議書や、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本、住民票の除票などを準備し証券会社に提出します。受け入れる相続人の口座がその証券会社にない場合は、証券口座を新規に開設する必要があり、手続き完了後、被相続人口座より、対象相続人口座へ移管されるという流れになります。