«

»

7月 22

遺産相続手続きの時効について

遺産相続手続きの際に時効が問題となるケースはとしては、まず「遺留分減殺請求権」が挙げられます。

これは、遺産を相続する権利があるにもかかわらず、遺産の相続を認められなかった人が遺産の相続を求める権利です。この権利は遺産を相続する権利があることを知ってから1年以内に請求しなければ請求権が消滅し、10年で権利そのものが消滅します。

また、遺産を放棄する代わりに借金も放棄できる「相続放棄」の時効は相続開始より3ヵ月です。

多額の借金があることが分かっている場合は、すぐに「相続放棄」をした方が良いでしょう。そして、相続人ではない人間が遺産を相続した場合、本来の相続人が遺産の返却を求めることができる「相続回復請求権」は、20年が期限です。

これらに該当する遺産相続手続きは、早急に対処した方が良いでしょう。

いい遺産相続手続きは短時間で終わる

代行している場合や、自分でも行っていく方法がわかっているときなど、遺産相続手続きがいいものとなっていれば、短時間ですべての手続は完了します。出している書類などの不備がないこともわかってきますので、問題なく手続きが完了する形となっているのです。

しっかりと手続きしたいと思っている場合には、出来る限り書類の不備が起こらないように調整して、いい手続きをしてください。完了するまでにかかる時間がながければ長いほど、失敗していると感じたほうがいいでしょう。遺産相続手続きは、時間によって良し悪しも変わってきます。

遺産相続手続きはどの専門家へ頼むか

遺産相続手続きの中で、相続内容に不満を抱えている場合や、遺言書の内容に意義を申し立てたい場合には、相続手続きが得意な弁護士に相談しましょう。その様な状態で、相続手続きをしてしまうと、必ず相続人の間で争いが起こってしまいます。その様にならないためにも、弁護士に相談して解決するようにします。

また、遺産相続には期限があるので、葬儀が終わり次第にでも手続きを行うことが重要です。裁判になってしまえば、手続きに時間がかかってしまう場合もあり、早めに弁護士への相談と手続きを行うことにより、スムーズに遺産を受け取ることができます。

遺産相続手続きは手際よく行おう

遺産相続手続きにおいて、早く手続きを行わなければ、自分に損害が出てしまう時があります。法律では、相続手続きの期限が決まっており、ある一定の期間内に手続きが完了しなければなりません。そのため、被相続人に借金がある場合には、遺産相続を放棄しないと負の遺産として相続してしまいます。

各相続手続きの期限を把握して、知識として身に付けることで、いざ自分が相続人となった時や、被相続人になり子供などに相続させる時に、不利益になるようなことが起こりません。また、専門の弁護士に依頼するのも、一つの手段として考えることができます。

遺産相続手続きをお願いする専門家は

遺産相続手続きを行う場合、個人で行ってもいいですが、平日に金融機関に行けなかったりと都合が悪く行えない人もいます。手続きが遅れてしまえば、不必要な損害を受けたりします。弁護士から行政書士まで専門家がいますが、誰に依頼をすればいいでしょうか。どの専門家も手続きをすることができます。

しかし、相続手続きにあたって、親族間での争いごとが起こり、裁判で解決すると踏み切れば、弁護士に依頼しましょう。司法書士や行政書士は、弁護士よりも安価な費用で依頼を受けてもらえるので、裁判にならない案件については、どちらかに依頼することがおすすめです。