«

»

7月 05

遺産相続手続きをしないという選択肢もある

遺産相続手続きはするもしないも相続人の自由です。

遺産というと現預金や土地などのプラスの財産をイメージする人がほとんどですが、実は相続財産にはプラスのものもあればマイナスのものもあります。マイナスの財産というのは、端的に言えば借金のことです。

被相続人の借金を受け継ぎたくないという場合は、相続放棄をすることができます。

相続放棄をする場合は、相続を知ってから一定期間のうちに家庭裁判所で手続きを行う必要があります。また、財産に少しでも手をつけて使ったりしてしまうと、相続放棄ができなくなってしまうこともあるので注意が必要です。