遺言書がある際の遺産分割協議

遺産分割協議は相続人同士で、遺産分与をおこなう際に開かれるものになっていますが、遺言書があるような場合においても開かれるケースがあります。その場合においては遺言書の内容に遺留分などの不備があったり、他の相続人に遺産の放棄などがあったような場合においては、例外なく遺産分割協議が開かれるようになります。

遺産にはさまざまな内容があり、そのことにおいて多くの事柄が発生するケースもあります。遺産の分与を得意としている法律家はさまざまいますので、遺産の内容に合わせて依頼することでトラブル防止にもなるでしょう。

遺言書作成する場合は遺産分割協議を考えて

遺言書作成をしたいと考えても、何をどのようにすればいいのか疑問に思うのは珍しいことではありません。実際に、家族が遺言書を遺していたケースはそれほど多くないのではないでしょうか。遺言書は、法律の規定に従って作成する必要があります。従わないと無効になり、せっかくの想いが未来に届きません。

また家族が見つけてくれそうな場所に保管しておくことも重要です。特に遺産分割協議には、遺言書を持ち込む必要があります。協議後に見つかると、協議をやり直さなければなりません。疑問があれば、司法書士や弁護士に訊ねるといいでしょう。

遺言書が無効になった際の遺産分割協議

故人が亡くなった場合には、遺産の相続が必要とされています。その際には相続人同士で遺産分割協議を起こすこととなります。遺言書がある場合においては、その内容に従って分与することができますが、時には内容の不備や遺留分の間違いなどで、無効になってしまうようなケースもあるようです。

そのような場合においては、産分割協議を一からやることとなります。開催するにあたって、相続人同士でのトラブルなどを回避する必要もあることでしょう。法律家の弁護士に依頼することでそのようなことも、最大限の回避することができるでしょう。

遺言書作成がある場合の遺産分割協議について

遺産分割協議に関しては、相続人同士で遺産の分与に関して話し合い、協議することが知られているかと思います。そのようなケースにおいては、遺産の内容については故人において実にさまざまであることがあげられますので、時間がかかるかどうかも一概には言えないことでしょう。

また、遺言書があるような場合においては、その内容が優先されることとなります。しかしながら、その遺言書に遺留分や内容などにおいて不備があるようであれば、無効になってしまうような可能性もありますので、そのことを踏まえて取り組むようにすることが大切でしょう。

遺産分割協議は遺言書不備などを考慮して迅速に進める

遺産分割協議を迅速に進める為には、弁護士や司法書士などの法律家の力が必要とされるケースはめずらしくありません。とくに、遺言書に遺留分などの間違いがあった場合においては、遺言書が遺産分与に反映される事はありませんので、相続人全員で話し合いすすめていく必要が出てきます。

この事に関しては、予測しないような事態も発生することがありますので、時間などがかかってしまうことも、覚悟しておく必要があるかも知れません。いずれにしても、法律家のサポートを得ていくことで、スムーズに遺産分割協議を進められるといいですね。

遺留分の問題、遺産分割協議の相談なら大阪の弁護士たちばな総合法律事務所

〒543-0001 大阪府大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

大阪で遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【HP】