遺言書作成していても預貯金の相続は難しい

遺言書は被相続人(亡くなった人)の最後の意思表示です。ここに明記されている被相続人の指示とおりに相続財産は分配されます。遺言書には自筆遺言と公正証書遺言といった種類がありますが、適正に作成された遺言書さえあれば相続手続きを行うことが出来ます。
しかし、銀行などにある預貯金口座の相続手続きについては簡単ではありません。被相続人が遺言書作成を行って、その遺言書が効力を有するものであっても、銀行側は相続人全員の署名、押印と印鑑証明書の提出を求めてきます。遺言によって財産を取得する場合、他の相続人の合意は原則として必要ないのですが、銀行などは遺言のみでの手続きを認めていないのです。