遺言書作成していても預貯金の相続は難しい

遺言書は被相続人(亡くなった人)の最後の意思表示です。ここに明記されている被相続人の指示とおりに相続財産は分配されます。遺言書には自筆遺言と公正証書遺言といった種類がありますが、適正に作成された遺言書さえあれば相続手続きを行うことが出来ます。

しかし、銀行などにある預貯金口座の相続手続きについては簡単ではありません。被相続人が遺言書作成を行って、その遺言書が効力を有するものであっても、銀行側は相続人全員の署名、押印と印鑑証明書の提出を求めてきます。遺言によって財産を取得する場合、他の相続人の合意は原則として必要ないのですが、銀行などは遺言のみでの手続きを認めていないのです。

遺言書作成を法律家に依頼をおこなう

遺言書作成する場合において法律家にサポートをしてもらうには、どのような法律家に相談すべきか迷ってしまう点があげられます。弁護士については法律のプロになりますし、トラブルなどが予想される場合には弁護士に依頼すべきでしょう。

司法書士については不動産登記などの業務を普段からおこなわれていますので、不動産などの遺言が多い場合には依頼してもいいでしょう。また、意外なのが行政書士においても、依頼する事は可能で費用を安く抑えたい場合などには適していると言えるでしょう。このように法律家それぞれの特徴をつかみ、依頼するようにしましょう。

弁護士がおこなう遺言書作成

遺言書作成が手軽に作成されるようになっていますので、弁護士などの法律家に依頼するよりも、自分だけで作成するなどの人も出てきているでしょう。そのようなことも十分に考えられますが、遺言書については法的な要素も絡んでくるものになりますので、自身だけでおこなうのではなく、法律に詳しい法律家と一緒に作るべきでしょう。

また、遺言書の内容に布武などがあった場合には無効になってしまうケースもありますので、そのような観点からも一人で作成することにリスクが生じています。遺言書に内容についても理解され辛いケースもありますので、弁護士に最終チェックをしてもらう事は必須だと言えるでしょう。

遺言書作成を法律家に依頼

遺言書作成をおこなう場合において、弁護士などの専門家のサポートを受けながら作成してもいいでしょう。遺言書の内方式としては3種類あり、一つは直接公証人にサポートをしてもらいながら、公証役場で作成をおこなっていく公正証書遺言 や、自分で一から作成をおこなっていく自筆証書遺言、作成の内容を誰に対しても秘密にして作成をする秘密証書遺言などがあります。

どの遺言書の作成方法を選んだとしても、しっかりとした内容を記載しなければ無効になってしまいますので、弁護士に遺言書作成の指導を受けておこなってもいいでしょう。

遺言書作成に対応する法律家

遺言書作成に対応する法律家については、弁護士や司法書士が適していると言えるでしょう。それぞれの得意な部分を生かして遺言書作成をサポートしてくれますので、より良い遺言書を作成することができるでしょう。

遺言書についてはその時々で更新されていくものでありますので、新たに子どもが誕生したり身内が他界してしまった場合などにおいては、積極的に書き換えていく必要があります。個人でも遺言書の作成は出来ますが、内容や記述方法によっては無効となるケースも多々あります。その様なケースに見舞われない様にすることが大切です。

遺言書作成の相談なら大阪の弁護士たちばな総合法律事務所

〒543-0001 大阪府大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

大阪で遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【HP】

関連記事