«

»

7月 17

遺言書作成で無視できない注意点

実際に遺言書作成で無視できない注意点は複数存在します。いきなり遺言書作成に取り掛かる前に注意点をチェックしないといけませんね。

また、注意点を考慮して遺言書作成を行うのは、自分一人では自信がないというのであれば、無理して自分だけで行う必要はなく、弁護士の力を借りれば、注意点もしっかりと考慮して遺言書作成をしてくれます。

とても楽に完成させる事ができるのではないでしょうか。遺言書作成を考えているのであれば、全体の流れとどんな注意点があるのかという事を一通り知るという作業から始めてみてはどうでしょうか。難しく考えるのではなく、まずできる所からスタートしてみてはどうでしょうか。

自筆証書遺言の形で遺言書作成をしましょう

遺言書には3つの書き方があります。特におすすめなのが、自筆証書遺言です。遺言者が、遺言の全文、日付、氏名を自書し、押印をして遺言書作成をしていく方法です。筆記具と用紙さえあればすぐに作成可能なので、他の書き方からすれば、とても簡単で、費用もかかりません。

また自分だけで作成することが出来るので、遺言書の内容を他人に秘密にしておきたい方におすすめです。しかし、専門家などにチェックをしてもらうわけではありませんので、法的要件不備の為に無効になるケースが多く、紛失、偽造、隠ぺいの心配や遺言の存在をどう亡くなったあとに知らせるのかという問題もあります。

遺言書作成はとても簡単です

遺言書作成には方法が何通りもあります。一番簡単なのは自筆証書遺言となります。遺言者が遺言の全文や氏名、日付などを自書して、押印をして作成する遺言書のことです。筆記具と用意があればすぐにでも作成することが出来る遺言書となっています。

他の方法と比べると費用も労力もほとんどかからないので、とても簡単に遺言書作成をすることが出来ます。自分だけで作成をしていくので、他人に遺言書の内容を知られたくない方におすすめの方法です。しかし自分ひとりしか存在を知らないので、亡くなった後で遺族にどうやって見つけてもらうのかをしっかりと考えて、保管しておかないといけません。

自筆証書遺言が一番簡単な遺言書作成方法です

遺言書作成方法はたくさんあります。その中で一番簡単なのが、自筆証書遺言です。遺言者が遺言の全文、氏名、日付、押印をして遺言書作成する方法で、筆記具と用紙があれば、いつでも作成することが出来る遺言書となっています。自分だけで作成するので、遺言書を他人に秘密にしておく事も出来ます。

しかし専門家にチェックをしてもらうわけではないので、法的要件不備の為に無効になってしまうこともあるので、注意をして遺言書を作成しなければいけません。そして亡くなった後に残された遺族に遺言書を発見してもらえるように、見つかりやすい場所に隠しておく必要もあります。

遺言書作成したその後は?

遺言書作成を弁護士に依頼したのはいいですが、原案ができあがってきて、それですべてOKになったその後は一体どうすればいいのでしょうか?手としては3つあります。

①自分でその遺言書を保管しておく②法律事務所に保管をお願いする③すべての今後の手配を法律事務所に一括でお願いすること、となります。①の場合は下手をすると遺言書があること自体がみんなに知れ渡らない可能性があります。それを考えると②か③が一番安全でしょう。②の場合には1年で保管料が5000円ほどかかりますが、年に5000円でしたらそこまで大きな打撃ではありません。