遺言書作成と公正証書

相続における遺言書作成を完璧に行っておきたいと思われている方は、まず公証人役場に行かれることをお勧めします。すなわち、公証人役場で相続の専門家の指導のもとに遺言書を作成し、公正証書遺言として完成させておくことです。こうすれば、完璧な遺言書を作成できたと言うことができるでしょう。

そうではなくて、自己流の遺言書を作成しただけの状態では、自分の死後に正式な遺言書として認められないという可能性もあります。自分で書いた遺言書が認められないというのは納得できないと思われるかもしれませんが、遺言書には決められた様式というものがあるのです。

遺言書作成を弁護士にお願いする

遺言書作成を弁護士にお願いすることもできます。弁護士と聞くと法律に関わるトラブルの場合において依頼するようなイメージですが、遺言書作成のサポートについても承っています。遺言書を作成する事は一見簡単にも思えますが、法律的な要素が絡んでくるものになりますので、弁護士のような法律家のサポートを受けることで状況は大きく変わってくるでしょう。

自身だけで無理に作成してしまい遺言書の内容が無効になってしまうケースはよくあるそうです。そのような点も踏まえながら、法律家のサポートを受けながら作成していくといいでしょう。

遺言書作成は弁護士に依頼すべき

遺言書作成は弁護士に依頼すべきことがあげられます。遺言書は残された家族の人生を左右してしまう可能性もありますし、多くの法的な要素がからんでいるからです。弁護士に依頼することでより良い遺言書を作成することが可能になりますので、後々遺産のトラブルになってしまうようなケースも半減するでしょう。

残された家族や親族が円滑に遺産の相続をおこなっていくためにも、弁護士のサポートを受けながら遺言書作成をしていくことをおすすめします。法律事務所には相続を得意とする事務所もありますので、そのような事務所を利用することがいいでしょう。

遺言書作成と弁護士について

遺言書の作成と弁護士については関係性が一見ないようで、実は業務のなかに遺言書作成のサポートも大いに含まれています。遺言書作成がしっかりとされていないと、後々トラブルに発展してしまい、弁護士に依頼するケースが出てきてしまいますので、弁護士と関わりの深いものになっています。

遺言書は自身だけで作成することも可能ですが、遺言書の作成内容が不十分だったために無効になってしまったケースや、トラブルに発展してしまったケースは数多くあります。遺された家族や親族のためにきちんと作成していく事は大切になるでしょう。

遺言書作成問題を弁護士に相談

遺言書作成問題を弁護士に相談することで、亡くなった後のトラブルを軽減することにつながるでしょう。しかしながら、遺言書の作成は簡単なようでむずかしいですので、自分だけで作成してしまう人も多い点があげられます。そのような場合においては見落としやミスなどがなければいいのですが、見落としやミスが発覚してしまうケースが多々あります。

遺言書を作成した本人に影響があるぶんにはいいのですが、自分がなくなったあとに、執り行われるものになりますので、くれぐれも間違いのないようにしたいものです。そのような場合においては、法律事務所を利用し作成した遺言書のチェックなどだけでも、せめてしてもらう事です。

遺言書作成の相談なら大阪の弁護士たちばな総合法律事務所

〒543-0001 大阪府大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

大阪で遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【HP】

関連記事