遺言書作成と公正証書

相続における遺言書作成を完璧に行っておきたいと思われている方は、まず公証人役場に行かれることをお勧めします。すなわち、公証人役場で相続の専門家の指導のもとに遺言書を作成し、公正証書遺言として完成させておくことです。こうすれば、完璧な遺言書を作成できたと言うことができるでしょう。
そうではなくて、自己流の遺言書を作成しただけの状態では、自分の死後に正式な遺言書として認められないという可能性もあります。自分で書いた遺言書が認められないというのは納得できないと思われるかもしれませんが、遺言書には決められた様式というものがあるのです。