遺言書作成は明確さをモットーにしよう

遺言書作成は、特に手続きをすることなく行うことができます。日本は法定相続制度をとっていますが、遺言がある場合には、それが優先される仕組みになっています。自分で作成する遺言は、自筆証書遺言といい、自筆で内容を記し、日付と署名、押印をすることで有効な遺言書となります。
このように、簡単に作成することができますが、内容は明確にしておきましょう。あとから見た場合、それが明確な内容になっていないと、そのことで相続人間の争いの原因となります。どのように書けばわからない場合には、弁護士などの専門家に相談し、書く内容をはっきりさせるようにしましょう。