遺言書作成は明確さをモットーにしよう

遺言書作成は、特に手続きをすることなく行うことができます。日本は法定相続制度をとっていますが、遺言がある場合には、それが優先される仕組みになっています。自分で作成する遺言は、自筆証書遺言といい、自筆で内容を記し、日付と署名、押印をすることで有効な遺言書となります。

このように、簡単に作成することができますが、内容は明確にしておきましょう。あとから見た場合、それが明確な内容になっていないと、そのことで相続人間の争いの原因となります。どのように書けばわからない場合には、弁護士などの専門家に相談し、書く内容をはっきりさせるようにしましょう。

弁護士に遺言書作成を頼む

弁護士に遺言書作成をたのむ場合には、サポートをおこなってもらうこととなります。自分自身で作成しても不十分な点は多々あり、遺言書作成をやり直すケースもありますし、チェックをうけなかった場合には、遺言書が無効になってしまうケースすらあります。

そのようになってしまうと、遺言書を作成した意味は全く持ってなくなってしまいます。そのような事態を避けるためにも、弁護士に依頼する事は大切でしょう。最近では遺言書キットなどもありますが、錯覚であれば弁護士のような専門家に習い、遺言書を作成していくことをおすすめします。

遺言書作成を弁護士がおこなう場合

遺言書作成を弁護士がサポートをおこなう場合には、十分なサポートをおこなうことができるでしょう。弁護士や司法書士でなくても、遺言書作成のサポートは出来ますが、法律家であった方が十分なサポートを受けることができるでしょう。

遺言書と聞いてしまうと自分には関係ないようにも思えますが、いずれはやってくるものでありますので、早い段階から遺言書の作成してみる事は非常に大切なことでしょう。遺言書はライフイベントなどによって、内容が変わってくるものでありますので、しっかりと更新していくことが大切になってくるでしょう。

遺言書作成のサポートをおこなう

遺言書作成のサポートをおこなう事は、必要なおこととしてあげられます。近年において終活が流行し、遺言書についても見直されるようになりました。市販での本や遺言書キットなどのものがあることから、個人でも手軽に遺言書を作成することが可能になっています。

しかしながら、実際に開封してみると内容が不十分なため、遺言書の内容が無効になってしまったり、遺留分などの法的な内容を考慮していなかったりするものが数多く見られるようになりました。このようなことに関しては非常に残念なことがあげられます。法律家に依頼することでこのようなトラブルを未然に防ぐことが課題でしょう。

遺言書作成の詳細内容

遺言書作成の詳細内容は遺言書を作成していく上で情報や知識が必要になってきますので、市販されている遺言書キットや書籍などを見本にしてもいいでしょう。また、専門の機関や弁護士事務所などでも相談を受け付けられていますので、そのような制度を利用してもいいでしょう。

いずれにしても間違いのない遺言書を作成していくことがポイントになります。種類としては、公証人が作成をサポートする公正証書遺言や、自身で一から記載ができる自筆証書遺言、全ての人に秘密にする秘密証書遺言などがあります。状態に合わせて遺言書を作成していくことになります。

遺言書作成 大阪は交通事故の相談は弁護士へ

自筆証書遺言での遺言書作成

残された家族や親族に向けて遺言書を作るケースもあるでしょう。そのような場合には遺言書は3種類ありますので、そのなかから自身にあった形で遺言書を作成していくことができます。その中の一つである自筆証書遺言は、一から自身で作成することができますので、遺言書作成にお金をかけることなく作成することが可能です。

手軽にできる作成できる遺言書である反面、保管の場所や内容が不十分で無効になってしまうケースなどがあります。万が一、内容に不安があるようであれば、作成した内容を弁護士などに確認してもらうことをおすすめします。

遺言書作成の相談なら大阪の弁護士たちばな総合法律事務所

〒543-0001 大阪府大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

大阪で遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【HP】

関連記事