«

8月 22

遺言書作成をおこなう

生活のスタイルが多様化された現代において、遺言書を作成する人も急増していることがあげられます。遺言書作成にあたって、はじめての経験であった場合には戸惑う場合もあるでしょう。

そのような場合においては弁護士や司法書士などの法律家に相談し作成のサポートを依頼することもできますし、ハードルが高いようであれば専門の機関に相談することもできます。また、自分でキットを購入して、相談することも可能になっています。非常に手軽に作成が可能ではありますが、その場合においては無効に気をつけて作成することがポイントです。

遺言書作成は自筆証書遺言がおすすめです

遺言書には何通りかの書き方があります。その中でおすすめなのが、自筆証書遺言での遺言書作成です。この方法は、遺言者が、氏名、日付、遺言書の全文を書き、押印をして作成する遺言書で、筆記具と用紙さえあればすぐにでも作成することが出来るので、他の方法と比べると費用も労力もかからないので、簡単に作成することが出来ます。

自分だけで作成しますので、他人に遺言書の内容を秘密にしておきたい人におすすめです。しかしながら専門家にチェックをしてもらうわけではないので、法的要件不備の為に無効となってしまうケースもありますので注意が必要です。

遺言書作成はすぐに出来ます

遺言書作成方法は3つあります。その中で一番簡単な方法が自筆証書遺言です。遺言の全文、日付、氏名、押印をすべて遺言者本人が行う方法で、筆記具と用紙さえあればすぐにでも作成をすることが出来ます。この方法で遺言書作成をすれば、他の人に遺言書を秘密にしておくことが出来ます。

しかし、自筆証書遺言は専門家にチェックをしてもらうわけではないので、法的要件不備の為に無効となってしまうケースも多いので注意が必要です。そして亡くなった後に、家族の人にしっかりと見つけてもらう必要もありますので、隠す場所にも注意が必要です。

遺言書作成は自分でもできるの?

遺言書作成を専門家にお願いするにも、費用がかかります。弁護士に依頼する場合にはすべて合わせて20万円ほどかかることもあるようです。そうだったら自分で作成してしまおうという人も多いのではないでしょうか?自筆遺言書といって自分で作成する手もあります。

ただしこちらはルールが思っているよりもしっかり決まっているためそれらをすべてクリアしておく必要があります。実はそれが難しかったりするのです。折角作成しても無効になってしまっては意味がありません。作成する前にきちんと確認するのは勿論のこと、作成した後も漏れがないかどうかしっかり確認するようにしてください。

遺言書作成を依頼したら完成までの時間

遺言書作成をお願いしたらどれくらいですべて完成させてくれるのでしょうか?まずは様々なことについて面談をする必要があります。①家族構成(相関図を作成するため)②現状持っている財産(財産目録を作成するため)③誰にどういった形で相続してほしいのかなどといったことを聞きかれます。

特に①②については遺言書を作成する上で絶対に必要になってくる項目ですので、正確なものを持っていくようにしてください。全部で3回ほど面談をすることになります。依頼から出来上がりまでは大体1か月程度をみておくといいでしょう。(一番スムーズにいけば)