遺言書作成・自筆証書遺言書の効力

遺言書の種類として、自筆証書遺言書、公正証書遺言書、 秘密証書遺言書の3種類があります。
その中で、もっとも手軽に作成できるのが自筆証書遺言書です。
手軽にできる遺言書作成とはいえ、必ず記載しなければならない項目があり、記載もれがある場合は、
遺言書としての効力は認められません。
必須の記載項目としては、「全文が自筆であること」・「正確な日付の記載」」・「署名が自署でされていること」・
「押印がされていること」が挙げられます。
パソコンなどで作成されたものは無効とされ、住所も記載されていた方がより良いとされています。