遺言書作成・自筆証書遺言書の効力

遺言書の種類として、自筆証書遺言書、公正証書遺言書、 秘密証書遺言書の3種類があります。
その中で、もっとも手軽に作成できるのが自筆証書遺言書です。

手軽にできる遺言書作成とはいえ、必ず記載しなければならない項目があり、記載もれがある場合は、
遺言書としての効力は認められません。

必須の記載項目としては、「全文が自筆であること」・「正確な日付の記載」」・「署名が自署でされていること」・
「押印がされていること」が挙げられます。
パソコンなどで作成されたものは無効とされ、住所も記載されていた方がより良いとされています。

遺言書作成をおこなう

遺言書作成をおこなう事は、自分には関係なく思っている人も大勢いるでしょう。しかしながら、昨今においては生き方も多様化していますので、以前に比べて遺言書が必要とされている時代になっています。家族のスタイルにはさまざまなものがありますが、遺言書を作成していなかった為に、自宅などが取られてしまったケースなどもあります。

そのような事態を防いでいくためにも、遺言書の作成は必要なものとして、試しに作成してみることをおすすめします。作成に迷った場合には専門の機関や、法律家などを訪ねてみることをおすすめします。

基本的な遺言書作成の方法

基本的な遺言書作成の方法は大きく分けて3種類あります。公証人が公証役場で書面に作成をおこなう公正証書遺言や、自身で全て作成をおこなう自筆証書遺言があります。また他にも、秘密で作成することのできる秘密証書遺言がありますので、自身にあった形で作成することが可能になります。

しかしながら、それぞれにメリットな点やデメリットな点がありますので、しっかりと見極めて決めていくことが必要になるでしょう。遺言書の書き方についてはしっかりと明記されていない場合には、無効になってしまうケースも考えられますので、しっかりと明記することが必要となるでしょう。

遺言書作成の内容について

遺言書作成の内容については家族構成などにも大きく関わってきますので、自身のライステージが上がるたびに更新していかなければいけません。遺言書の作成の方式についても3種類ありますので、自身に適した方法で残すことが望ましいでしょう。

遺言書の書き方についてはもちろんですが、保管方法も考慮し考えていくまでが遺言書の作成になります。書き方について分からない場合には、専門の機関や法律家を尋ねサポートを求めてもいいですし、最近では遺言書キットなども発売されていますので、そのようなものを活用していってもいいでしょう。

遺言書作成はすべきか

遺言書作成はすべきかどうかは一概に言う事はできませんが、残された遺族を考えたり故人の思いを伝えるには、遺言書を作成するのが一番でしょう。遺言書の作成については、最近は遺言書キットが発売されるようになりましたし、インターネットなどで情報をリサーチすることもできるようになりました。

必要があれば専門とする機関や弁護士や司法書士などの法律家に依頼することで、遺言書作成をサポートしてもらうことが可能になるでしょう。遺言書の作成については残された家族に影響がいきますので、しっかりと作成することをおすすめします。

関連記事