2月 25

遺言がない時の相続

人はいつ病気や事故で命を落とすかわからないため、昨日まではあんなに元気だったのにと言う方が、突然この世を去ってしまうことがあります。遺された家族はどうしていいかわからなくなってしまうこともあるかも知れませんが、中でも特に遺産相続をどう分配すれば良いのかわからず、悩んでしまう家庭も少なくないでしょう。

そんなときでも遺言書作成をしていれば、それを元に切り抜けることが出来そうですね。
ですが、突然の死の場合は、遺言書作成をしていない場合がほとんどでしょう。

このような自分たちではどうしようもないという場合は、お近くの司法書士事務所まで行って、
司法書士に相続相談をすることをおすすめします。

2月 08

相続手続きの相続税は正しく納めたい

税務調査については不安を感じている人が多いと聞いた事がありますが、
相続手続きの相続税の支払いを行った人は、自宅に税務調査が来るかもしれません。

また、相続手続きの相続税は、申告漏れになってしまっている事もあり、その場合には追徴課税が発生します。
ですので、相続手続きの相続税については、こんな感じでいいだろう、と曖昧に処理をしてしまうのではなく、法律家に相談しながら間違いなく相続手続きの相続税を納める事を考えた方がいいかと思います。

相続手続きの相続税について法律家に相談しながら対策を行っておけば、
自宅に税務調査が来ても慌てたり不安になったりする事なく、対応する事ができるでしょう。

1月 13

相続手続きを期限内に終える

注意しておきたい事があり、それは相続手続きを期限内に終える必要があるという事です。

相続手続きというのは、家族で話し合いをして協議を行う事はもちろんですが、書類を提出したり、納税を行うなどすべて期限内にしないといけません。

家族が会って話をするチャンスが少ない人であれば、期限内に相続手続きを終えるのは大変な事の様に感じられるかもしれませんね。

もし、相続手続きを期限内に終えるのが厳しく感じられたのであれば、弁護士に手伝ってもらう事で、無事に期限内にすべてを終えるという事が可能かもしれませんね。相続手続きを終えるまでに時間がかかりそうであれば、少し急がないといけない事もあるかもしれませんね。

12月 17

相続税の税務調査に対応する弁護士

法人税などの税務調査が行われる事もありますが、実は相続税についても税務調査が行われる可能性は高く、その際には不安ですね。相続税の税務調査なら、弁護士に相談すると、弁護士が現場に立ち会ってくれます。弁護士がいてくれると、不安も少しは減るかもしれませんね。

相続税の申告については、弁護士は行っていなくても、税務調査については対応してくれます。税務調査は急に来るのではと心配な人でも弁護士がいてくれると、問題なくクリアできそうですね。相続税については漏れがなく申告できているか確かめる様にしたいですね。相続税の知識が必要ですので、自分一人では無理だと思う事もあるかもしれませんね。

12月 17

注意点を確認したい遺産相続手続き

事前に注意点を確認した上で遺産相続手続きを行っていく様にしたいですね。遺産相続手続きは法律と深く関わっているので、守るべき注意点も多いと思われます。法律のプロに遺産相続手続きを依頼するなら、難しい事などは行ってくれたり、教えてくれたりしますので、注意点をあまり気にしなくていいかもしれませんが、誰にも頼まない予定であれば、遺産相続手続きの注意点は事前にきちんと調べるなどして頭に入れておく様にしたいですね。

注意点や全体の流れなど遺産相続手続きにおいては、少し勉強しておかないといけない事も出てくるかもしれませんね。紛らわしい事などについては、特に念入りに調べる様にしたいですね。

» 新しい記事へ